クラウド会計の導入から確実な運営まで徹底サポートいたします|税理士法人ASC / (株)エーエスシー

無料相談 お問い合わせ・ご依頼はこちらから 0120-19-7350
お問い合わせ
クラウド会計 ブログ

クラウド会計をそつなくこなすためのヒント①

その他2017.04.21
桜が散ってしまい、夏のような暑さですね。
今回は、運用されているお客様を拝見していて、
ちょっとした工夫のご案内です。
運用を開始されて
うまくいく人もそうでない人もいらっしゃいます。
たとえば、
ケース1)同一法人なのに複数の登録になってしまうケース
株式会社の登録も、「株式会社」「㈱」「(株)」「カ)」などどのように登録することがあります。
ASCという登録も、「ASC」(英字の全角なのか)「ASC」(英字の半角なのか)
「エーエスシー」(カタカナの全角にするのか)、などさまざまな登録方法があります。
これを無意識のうちに登録すると、
「ASC」や「エーエスシー」など、同じ会社なのに複数の登録になってしまいます。
それをルールを決めてあげることによりそれをなくします。
①株式会社は(株)、合同会社は(同)、一般社団法人を一社)とする。
②漢字の会社は「(株)漢字」、カタカナの会社は「(株)カタカナ」(半角)、英語の会社は「(株)English」(半角)とする。
それでも複数の登録になってしまう場合は、
①そもそも称号をつけない。
②すべて「カタカナ(半角)」で統一する。
ことがおすすめです。
”管理をうまくするには、分割して管理する方法はよいですが、
分割のし過ぎは、逆に混乱を招いてしまいます。”
社内に一定のルールを決めていただくことで
重複が起こりにくくなります。
これで、実は消込の漏れを見つける場合があります。
少しは参考になりましたでしょうか?
今後ともクラウドASCをよろしくお願いいたします。
クラウドチーム一同